SoNeO:Automata

機械学習、量子情報、サブカルチャーなどに興味がある大学生が読んだ本、論文、気になったことなどを雑にまとめていく。

「大きな物語」と「天気の子」

「天気の子」良かったです。

初回はTOHOシネマズ新宿のIMAXで見て、昨日は二回目を立川シネマシティ a studioで見てきました。TOHOシネマズ新宿は舞台がマッチしてて出た後余韻に浸れるし、a studioで流れるグランドエスケープのシーンは最高。どちらもオススメ。

 

ということで最近Twitterで「天気の子」の感想を呟いてるので、ひとまずブログにまとめておくことにしました。

ネタバレはあり。

続きを読む

技術書典6に初のサークル参加して合計300部(くらい)売れた話 & 執筆のススメ

技術書典6にて初めてサークル参加してきたので振り返ってみます。

 

 

まず、なぜ技術書典に出店してみようかと思ったか。

きっかけは技術書典からのこのメール。

続きを読む

技術書典6「こ20」にてサークル初参加します

こんばんは、そねおです。入稿が終わって疲れ果てました。

明日から授業……? 嘘だよな……??(スケジュール管理がガバガバな自分のせい)

 春休みは技術書典のことばかり考えてました。

 

さて、2019年4月14日、技術書典6にて

配置: 「こ20」

サークル名: SoNeO:Automata

techbookfest.org

で頒布する本の紹介をします。

 

まず、

IBM QBlueqatでゼロから始める量子コンピュータ

です

f:id:soneo_dng:20190410213647p:plainf:id:soneo_dng:20190410202156p:plainf:id:soneo_dng:20190410202200p:plainf:id:soneo_dng:20190410202205p:plainf:id:soneo_dng:20190410202314p:plain

 

Toronto大学がedXで公開している"Quantum Machine Learning"という講義のまとめ +

MDR株式会社 | 量子コンピュータ開発 さんでのインターンのまとめです。

初歩からはじめて、Google Colaboratoryでコードを実行しながら、イジング問題の解き方とか、量子フーリエ変換とかのコードがわかるようになります。

IBM Qというゲート型の量子コンピュータを、IBMが提供しているQiskitを使って、実際に使うことができます。
また、Blueqatという量子計算のOSSを使ってアニーリングも学べます。

 

そしてなんと、表紙は AKiEDA🍆コミ1「A64b」 (@Ara_Kieda) さんです!

突然のお願いを引き受けていただいて、とても感謝です。

ヘッダーののぞみぞがめっちゃ好きです(リズと青い鳥を観ましょう)。

 

というわけで個人的に気に入っています。売ってたら買う。

 

当日は

・紙書籍+pdf1500

・DLカード (ZIPファイルリンク + パスワード):1500

で頒布します。たくさん刷ったのでたぶん売り切れないとは思いますが、紙のほうがオトクです。

後日boothでpdf版を同じく1500円で販売します。紙は残ったら売ります。

pdf: https://soneo.booth.pm/items/1311291(当日公開します)

 

もう一つは

「ゼロから始める情報幾何」

です。

f:id:soneo_dng:20190410202617p:plain

f:id:soneo_dng:20190410202626p:plain

このブログで書いていた、「情報幾何学の基礎」のまとめです。

情報幾何学とかっこつけて言っておきながら、中身はほぼ微分幾何入門みたいな感じです。

正直自分用のまとめなのですが、表紙イラストを いちき (@ichiki_1) さんにお願いしてカッコよくなりました。誰かに役に立つといいな。

 

いちきさんをどうやって見つけたかと言うと、Twitterで「イラスト 仕事」みたいに検索してたらたまたま目に入ってお願いしました。依頼して3日位で描いてくださって、すごかった(語彙力)。

 

 

当日は

紙書籍のみ:1000

DLカード (ZIPファイルリンク + パスワード):1000

で頒布します。

後日boothでpdf版を1000円で販売します。紙は残ったら売ります。

pdf: https://soneo.booth.pm/items/1311457 (当日公開します)

 

サークルチェックすると、当日見逃しがなくて良いです。

技術書典6:SoNeO:Automata 詳細

 

今見たらチェック数が99になっていました。ありがとうございます!

f:id:soneo_dng:20190410214540p:plain

 

というわけで、当日はよろしくお願いします!

量子コンピュータのゆるふわインターン体験記とか進路とか近況

こんにちは。ソネットそねおです。

最近ブログ書いてなかったのでなんとなく久しぶりに書いてみてます。

 

2月は量子コンピュータのハード・ソフトの開発をしているMDR株式会社さんでインターンをさせていただきました。(↓内容)

MDRはBlueqat/Blueqat: Python Framework for Quantum ComputerというOSSの量子計算シミュレータを開発していたり、ハードウェアも開発中とのことです(お世話になったので宣伝)。

 

上記のように、インターンといっても「バリバリ開発!」という感じではなく、講義を受けたり、試しに追実装してみたりとわりとゆるい感じでした。

 

アニーリングの講義をしてくれた方の講義/資料はとてもわかりやすくて特に神でした。圧倒的感謝。

 

 

これからは、各々テーマを決めたのでそれをやっていくぞという感じです。

 

インターンに来ていたメンバーは僕以外全員が国立大学・院 生の物理専攻の方々で、ひとり戦々恐々としていました(情報系は僕だけ)。

 

これからやっていくこととしては、Quantum Support Vector Machineとか理解したいと思ってます。

ggってたら17歳の女性がQ-SVMのコードを書いていて、見つけた時震えた。

hackernoon.com

 

でもコード見たら、IBMが作ってるQiskitのAPIを叩いて使ってるだけなので簡単でした。IBMがすごい。

いやでも17歳でそこまで行き着いてるんだからすごいか。17歳の時自分何もコード書けなかったし。

 

というわけで、せっかくならAPI叩くだけじゃなくて、qiskitの実装とか理論をちゃんと理解したいなという感じです。

 

あとはQuantum GANとかもあるらしいので少し気になる。

 

 

あと、インターンとは別で、edXのQuantum Machine Learningという講義を受けています。

 

www.edx.org

 

 隔週で内容が発表されます。今は1モジュール目が終わって2モジュール目です。

 

コードを書く課題があるんですが、IBMのqiskit実装とRigettiのforest実装が選べるようになっていて、関係各所への配慮が伺えます(笑)。

 

 

 

ここからは宣伝なのですが、技術書典6で量子コンピュータの入門本を出します!!!!

 

もう一冊情報幾何の入門本も出します。Twitterに載せたイラストはそっちの表紙です。めっちゃ仕事が速くてビックリした!すごい!

 

量子コンピュータ本のタイトルはもう決めていて

f:id:soneo_dng:20190302210927p:plain

です。

流行りの「ゼロから始める」です。いや今流行りなのは「〇〇エンジニアリング」か。まぁそんな感じです。

 

果たしてあと1月でちゃんと書けるでしょうか……いや書きます。

 

 

あとは進路ですね。

院は物理の方に進みたい(すごくざっくり)と今は思っているのですが、量子情報は明らかに人気が高いらしい……。なので物理は趣味でやるべきか……いやしかし……と葛藤しています。

 

なんで物理系に行きたいかというと、元々の興味に加えて、最先端の物理がけっこう情報量とかエントロピーの観点で議論されるところに、興味が芽生えたりしています。

 

あと、機械学習業界、自分が見た限りでは、理論系の論文は物理出身の人がバリバリ書いていたり、エンジニアも物理で博士を取ったという人めっちゃ多いんですよね。

 

PRMLの著者のビショップ氏も素粒子物理出身だったはず。

 

 

ということで機械学習系は趣味でやっていこうかなと考えています。まぁ気が変わる可能性は無きにしもあらずですが。

 

とある先輩に進路のことなどを相談したら、「院試さえ通ればあとはなんとかなるよ」とのこと。

確かになという感じです。

 

今のところ就職は考えていません。

アカデミアへのこだわりはないので、将来的には考えています。

 

 

あと、もう一つめちゃ嬉しい出来事があったのですが、これはちゃんと表に出たら発表します。

 

とりあえずやっていくぞ〜(雑)

 

(追記)

この記事のアクセス数が1500くらい行ってるのでおすすめ本を書いてみる。

 

まずはこちら

yie.jp

コミケで見つけた本。入門ならこれが一番わかり易いと思う。

 

量子コンピュータを始めて知った時に読んだ本。


量子コンピュータが人工知能を加速する

 

これは最近買った本。光量子コンピュータで有名な古澤先生。


光の量子コンピューター (インターナショナル新書)

 

これは4章あたりから急に難しくなって積読中。3章までは良かった。


量子計算理論 量子コンピュータの原理

「情報幾何学の基礎」メモ 第3章

3章の話の展開は特に丁寧でわかりやすいので、この記事読んで「お〜」となった人は是非本書を買ってください。 

この章を読めばなんとなくRiemann多様体の性質がわかる。

 


情報幾何学の基礎 (数理情報科学シリーズ)

 

 

  • 第3章 多様体のアファイン接続
    • ベクトル場の共変微分
    •  共変微分の局所座標表示
    • アファイン接続
    • Cに沿って平行
    • 測地線
    • 定理3.2.2
    •  定理3.2.3
    • 曲率
    • 捩率
    • 平坦な多様体とアファイン座標系
    • アファイン座標系
    • 定理3.5.1 (局所アファイン座標系の存在)
    •  定理3.5.2(アファイン座標系の自由度)
    • Riemann接続
    • 定理3.6.1(平行移動に関する内積の不変性)
    • 定理3.6.2(Riemann接続の特徴づけ)
    • 部分多様体
    • 自己平行部分多様体
    • 全測地的部分多様体
    • 定理3.7.1
    • 定理3.7.2
    • 定理3.7.3

 

第3章 多様体のアファイン接続

 

続きを読む

「情報幾何学の基礎」メモ 第2章

適宜端折っています。

 


情報幾何学の基礎 (数理情報科学シリーズ)

 

 

第2章 曲面から多様体

局所的な地図(チャート)から地図帳(アトラス)を作りたい

 

続きを読む

「情報幾何学の基礎」メモ 第0章〜第1章

メモなので文字の説明はしてません。感じ取ってください。

クリストッフェル記号の説明がわかりやすかったので雰囲気だけ。 

 


情報幾何学の基礎 (数理情報科学シリーズ)

 

 

0章 準備

続きを読む